印章(実印・銀行印・認印・訂正印)


印材について

【柘】

硬度が高く精密な彫刻がしやすいため日本では古くから櫛や将棋の駒などの細工品にも使われています。

鹿児島産の薩摩柘植が最高高級品とされており、木の持つ温かさが感じられます。

 

【黒水牛】

水牛の角を加工した漆黒の色合いが美しい印材です。

当店では、1本の角から数本しか取れないため貴重な「芯持ち」と言われる角の中心部分のみを使用しており、耐久性に優れています。

また朱肉の付きが良いため印影がきれいに出ます。

 

【牛角】

水牛の角でも繊維が緻密で耐久性が高く、朱肉のつきも良いため最上級とされる印材です。

天然素材であるため同じ文様は存在せず、黒や茶の混合模様のあるもの。模様がなく淡い飴色1色のものなど、自分だけの特別な実印として作成されたい方にもおすすめです。

 

【象牙】

象牙は数ある印材の中でも最も朱肉のノリが良く、捺印性に極めてすぐれています。また耐久性も高く、一生ものである実印として長年愛される高級印材です。

当店では、経済産業省認定の象牙を使用しています。